パソコンの前に笑顔の女性

被リンクは、Webページが他のサイトにリンク付きで紹介されているリンクのことを指していて、バックリンクや外部リンクとも呼んでいます。
ブログなどの記事に訪問しているユーザーが、良い内容に共感してそのユーザーのサイトでリンクをつけて記事紹介をしてくれることがあります。
紹介してくれることは、自分のサイトにとっての被リンクとなり外部サイトから自分のサイトに向けてあるものになります。
以前はGoogleでもページランクとして、わかりやすく被リンクの価値を数値で公表していたことがあります。
しかし、ページランクの概念は現在廃止されているのですが、裏ではリアルページランクと言われる方式で稼働していて評価基準にしています。

SEO対策に置いての被リンクはとても重要で、マーケティングの中ではよく活用されている用語でもあります。
被リンクの重要性が高いこともありますが、アンカーや良質な被リンクが多いサイトでは検索上位に表示されやすいというメリットが知られています。
ユーザーが記事を読みその情報に共感しやすいようなサイト作りをし、自然な被リンクを増やし獲得することがSEO対策では基本になります。

被リンク数は幾つ被リンクが付いているかということですが、これは多ければ多いほど良いとされています。
これについては検索順位の決定権を持っているとされる、Googleが公式で触れていることもあり話題となります。
検索機能がどのサイトのコンテンツにとって重要かを判断する指標となり、たくさんいるユーザーの中からサイトに貼っている被リンク数を基準としています。
評価基準は検索エンジンのアルゴリズム要因で最も重要とされるのが被リンク数となります。

アンカーでもアップデートがサイトについているものは制度が保たれやすく、Googleの検索順位に寄与しています。
この情報はサイトに良いことばかりではなく、デメリットも存在しておりSEOにおいての用語でも重要性が高くなります。
サイトから参照されることでリンクを得るのは、基本的には良いこととされますが、質が低いドメインのサイトからのリンクは受けることで自分のサイトの評価も下げる可能性があります。
被リンク数にはメリットやデメリットがありますが、ドメインに対してしっかりサイト運用することで自然と数も増えていきますが、良い影響だけにとどまらず悪い影響もあることを知っておくことで対処できます。

一番手っ取り早く被リンク対策をしたい場合は、中古ドメインの利用を検討すると良いでしょう。
その理由が書かれているブログがあったので引用してみました。

中古ドメインにはバックリンク資産やドメインパワーがあり、これらを活用していくことでSEO効果が期待できます。 また、質が重要だと言いましたが購入や用途を決めるときにドメインにどのような被リンクがあるかを調べることが重要です。

引用元:被リンク(バックリンク)とは | SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

中古ドメインを利用するだけで、バックリンク資産やドメインパワーを引き継ぐことができます。
インデックスの早さにも関わってくるため、初心者にはとてもおすすめができます。
SEO対策をやってみたい!と考えている方は、まず中古ドメインの導入から検討してみるのはいかがでしょうか。

人気記事一覧