• ホーム
  • 分析ツール「Ahrefs」の徹底解説!

分析ツール「Ahrefs」の徹底解説!

サイトのURLとカーソル

Ahrefsは分析ツールですが、被リンク数の調査ができるものとして人気があります。現在は被リンク数の調査だけではなく、コンテンツ調査やリンク獲得・キーワード調査まで行えます。SEO対策を行う上で外すことができないツールなので、競合サイトや様々なレベルのユーザーから支持を得ています。プランが5つあり、ライトやスタンダードはお試しとして利用するには最適です。
さらに始めの14日間は全て無料で使用することができるのでお得ですし、15日以降になると有料プランにはなりますがライトプランでも月額82ドルという安さになります。スタンダードプランは月額179ドルですが、価格に見合ったそれなりの効果を期待することができます。Ahrefsは戦略として国内でも認知を上げようとしており、サポートしている会社からもリリースされています。ここで使われるアンカー機能は被リンク調査としても、サイトに設置されているURLがどこの競合サイトからリンクを貼っているのかを知ることができます。
アンカーテキストでもリンク獲得が可能ですが、リンクが設置されていることを知るのはとても大切です。SEO対策でのバックリンクは検索結果でも評価基準として、大切な項目のひとつとなっています。サイトのリンクを獲得しているかは、把握しておくことでサイトを運営していくときに大切です。Ahrefsにログインするとページの左側にメニューがあり、キーワードに被リンクのプロフィールでのアンカー項目があります。アンカーをクリックすることでバックリンク情報を見ることができます。どのようなサイトにどれくらいのリンクを集めているかを知ることが大切で、アンカーテキストの中でもいくつかのドメインからリンクを獲得します。表示されているURLではアクセスをすると、関連性が全くないと言われるサイトからのリンクが貼られているケースもあります。
この場合削除依頼やリンク否認ツールを使用することで、被リンクの無効化を実現化させることができます。ドメインはアンカーの項目としてリンクが設置されているのですが、URLも詳細に確認することが可能です。自社サイトではバックリンクを獲得することで、SEO対策を行うことができますが、逆に不利に働いてしまうものが設置されていないかは知っておくべき項目になります。アンカーテキストに含まれるリンクが増えつつあるかを、定期的に確認することでさらにSEO効果を期待することができます。

人気記事一覧