• ホーム
  • 分析ツール「Search Console」の徹底解説!

分析ツール「Search Console」の徹底解説!

パソコンを使用する男性

Search Consoleは分析ツールとしてよく知られていますが、検索トラフィックの下にあることが多いです。ここを見ることで自分のブログにどのような方法や、キーワードを使って訪問しているのかがよくわかります。ここで成果につながっている検索結果のキーワードやページがあればそこに重点を置くことができますし、基本的な文字数を増やすことも可能なところがポイントです。
アクセス解析は、キーワードやページがあればそこを見ることで解決することができます。基本的に1ページの中にある文字数を増やすこともありますし、写真や図解・動画などを入れて書くことにより順位も上がります。身に覚えのないキーワードで検索されていることもありますが、サイトと関連性があるので無駄にはなっていません。Googleでも記事内にあるキーワードを拾うことで、重要性を示していると言えます。内部リンクでは表示回数を見ておくこともポイントですが、掲載順位に表示しておくことでわかりやすくなります。
検索結果の順位に注目しておけば、検索するユーザーも問題解決しやすくなるのでメリットもあります。Googleでは10位以下に表示されることは2ページ目まで調べる人がいるからで、これはチャンスとして内部リンクに取り入れます。アクセス解析は正しい状態でサイト設計をしていくと、サーチコンソールに示されます。順位の変化は初期段階ではあまり気にすることではないですが、掲載順位が決まるのは数ヶ月後なのでそこから安定してきます。Search Consoleを見ることでペナルティを回避することができ、訪問したユーザーを分析することで、改善策やリンクの貼られ方を参考にすることができます。
検索で見ると重複しているデータはブログに対しての説明文が、毎回同じようになっている可能性があるのでリライトをしていきます。個別記事のタイトルが長すぎたり、逆に短すぎるのも問題があり、どれをクリックすれば良いのかを知ります。重複しているメタデータは無料のブログで設定をすることが多いため、ワードプレスなどのカスタマイズで対応していきます。すぐにペナルティを受けるわけではありませんが、次のサイトへ向けてリンクを確認します。バックリンクや他のサイトから貼られているリンクが表示されますが、Search Consoleにアフィリエイトサイトなどで登録するとリスクがあり、さらに注目する必要があります。

人気記事一覧