• ホーム
  • 相互リンクが危険な理由を教えます

相互リンクが危険な理由を教えます

相互リンクは危険と言われていますが、自分のサイトで相手のサイトの推薦をすることは、自分のサイトの読者が相手のサイトを知っているケースもあります。検索エンジンは相手のサイトを評価する時に、プラスに働くことを期待して行います。自然の善意行動として行われていますが、低品質なサイトでも同様のことをしています。
このような形で応援をしている場合は、恩返しのつもりで相手のサイトのリンクを貼るケースもあります。これを相互リンクといい、このような経緯で完成していることもあります。相互リンクは今までリンク回避でも知られていますが、個人的なサイトを始めている人などはこのようなリンクがない限り、被リンクを得ることは難しいとされていました。現在はこれはペナルティの対象とされるので、危険でリンク回避をするまでになっています。募集サイトなどでも低品質なリンクを過剰に貼り付けることがありますが、特に過密な相互リンクであればクロールに見つけられペナルティの対象になります。
リンク先である募集サイトのジャンルでも統一性がないリンク集などがあり、これらは確実にペナルティを受けることになっています。過剰なリンクを貼ることはもちろんですが、周辺の取り締まりも厳しくなっているので危険です。相互リンクもお互いにとって、最後の打撃になっていて、手動ペナルティで大量に送信されている経緯もありました。これらの一連の働きによってサイトの運営者は外部サイトはできる限り避けるようになっていて、外部から受けているものはサーチコンソールで確認をします。問題がありそうなサイトからのものは、リンク回避で対応しています。
主導によってスパム対策が適用されている時は、SEO対策でも適用されています。不自然なものは元の例としてGoogleが示していますが、ページランクの転送を目的としている場合は、画像も自然なものがついています。募集サイトやリンク集として使われていることもあるので、SEO対策でも少し警戒する部分があります。
上位表示を目指しているときは、様々なものを回避することで大きなリスクを取らないようにします。どのような場合でもGoogleから低評価をつけられてしまうことで、上位表示がされなくなってしまう現状があります。個人で行なっているサイトであれば弱小なので、復活する気力もないまま終了してしまう可能性も考えれらます。リンク回避は今後にも大きな課題になっています。

人気記事一覧