• ホーム
  • 相互リンクをする前の注意事項

相互リンクをする前の注意事項

検索エンジンは相互リンクをする前に大切なキーワードとなりますが、リンクの数がサイトの検索順位に大きな影響を及ぼしていることは確かです。リンク交換はリンクの数よりも、コンテンツの質の良さの方が検索順位を上げるために大切な要素となっています。このような流れを受けるにあたって、相互リンクの評価も根本的に変わってきました。
SEO対策として相互リンクのポイントや注意点などを上げることができますが、相互リンクに対しての考え方も難しい時があります。リンクは2つが異なっているサイト同士がリンク交換をすることで、これによりお互いのサイトの評価を高めることもできます。展開されているコンテンツや関連のあるジャンル・提携先などの相互リンクを貼っていくことで、ユーザーがアクセスする比率を高めていきます。もちろんSEO対策にも有効で、検索順位を上げる方法としての一般的になっています。
Googleのガイドラインにも沿っている正しい相互リンクをすることで、検索エンジンからの評価も高くなります。最終的に検索順位を上げることができますし、ガイドラインに沿っていると、質も良くなるケースがあります。評価基準に対しての発リンク数が足りていない時は、必然的に検索順位も上がりません。逆に下がってしまう時は関連性がない場合や、テーマとは大きく違っている内容のコンテンツを作った時です。違反しているリンクは必ず低評価・ペナルティが科されるようになっているので、その結果検索順位が下がります。
発リンクの存在によって検索順位を上げることも可能ですが、逆に簡単に下げてしまうこともあるので、相互リンクを評価している根本的な理由を理解していきます。テーマは共通する必要がありませんが、注意点がいくつかあります。リンクの数をあえて稼ぐために、過剰なほどのリンクを貼ることはよくないとされています。できるだけ少なくしていき、関連性が高いサイトだけと関わることが大切です。できる限りページランクが高いサイトと関係性を組むことで、将来的にも評価が高くなります。
このような形で共通しているものを使用すれば、Googleからの評価も得やすい状態が継続的になりますし、ガイドラインに違反しない範囲で行うことがポイントです。SEO効果を高めることは、最終的に検索結果の上位表示に関連してくるので、これらを意識しながら質の高いコンテンツを作っていくことが先決です。

人気記事一覧