• ホーム
  • 競合サイトの被リンクを調べてみよう

競合サイトの被リンクを調べてみよう

パソコンを使う人

競合サイトの被リンクの調査をするには、被リンクチェックツールを使用すると簡単に出来ます。ツールにより被リンク数も変わる傾向があり、信頼できる品質のデータを用いることが大切です。正確に被リンク数がわかるツールは無いとされていて、それぞれのツールによりメリット・デメリットもありますし、品質がバラバラです。
被リンクを解析する目的に合わせてツールを選ぶ事になりますが、サイトの上位表示に対して役立つ事もあります。ページランクはSEO対策をとるにあたって大切なポイントですが、被リンク状況を知る事も一つの解析方法です。Googleウェブマスターツールは、サーチコンソールと言いますが、自分のサイトで様々な情報を調査することが出来ます。
ウェブマスターにとっては必ず必要なツールで、被リンクチェックツールとして使用する人もいます。被リンクの解析だけにはとどまらず、悪質なリンクや品質の良くないコンテンツに貼られているリンクの否認をすることもできます。スパムリンクが送られるようになった場合は解除することが大切で、サーチコンソールを使うことになります。サイトの検索キーワードでどのくらいのページランクになっているか、キーワードの表示回数やクリック数などの細かい数字も調査対象になっています。サイトの被リンク状況を促進する効果を期待できますが、Googleサーチコンソールのヘルプ画面から、利点を抜き出している必須のツールだと言えます。
競合サイトではコンテンツ上でアクセスする事を確認しますが、クロール対象では新しいものを送信します。検索結果で表示したくない時はコンテンツを削除するようになります。検索ページを提供しているコンテンツを作成することで、ユーザーにとって有益な情報を作ることもできます。検索パフォーマンスへ影響を与えることを最小限にすることで、サイトを維持する力に発展します。Google検索やユーザーからの評価はとても大切で、ユーザーからどのように見えているかを知ることができます。サイトがどのような検索キーワードで表示されているかは、特にサイトへのトラフィックを増やしていくことになります。どのサイトが自分のサイトとリンクしているかを知る指標となりますが、Googleサーチコンソールを使うことができます。競合サイトはたくさんありますが、その中でどのような指標を見つけ出すことができるかもポイントです。

人気記事一覧